OPL系FM音源

東亜プランで多用されたOPL系FM音源のソフトシンセまとめ

東亜プランのFM音源について

東亜プランの主要アーケードゲーム28タイトルの音源は、1985~1986年の5タイトルは主にPSG×2(AY-3-8910)※1、1987~1991年の16タイトルは主にOPL2(YM3812)※2、1992~1994年の7タイトルは主にOPM(YM2151)+ADPCM(MSM6295)※3が使用され、東亜節といえばYM3812の印象が強い。

  1. 『麻雀シスターズ』はPSG×1。
  2. 『大旋風』のみタイトーXシステム基板でOPMを使用。
  3. 『ヴイ・ファイヴ』はOPMのみ。

YM3812とFM1312(どちらもOPL2) 写真提供:Raymangold22 - YM3812 sticker overlay.jpg (2015) / CC0 1.0

参考サイト


chipsynth PortaFM

ヤマハのポータサウンドPSS-140(1988年)を模しているが、VRC7などプリセット音色多数でランダム生成も可。$29.95(体験版あり)


GSS-370

ヤマハのポータサウンドPSS-370(1987年)を模したVSTi(32ビット版のみ)。実機の20音色とは異なる24音色がプリセットされている。


GXSCC

定番の波形メモリ音源ソフトウェアMIDIプレーヤーだが、左上のロゴをダブルクリックするとOPLL!?モードになる。スタンドアロン版のみ。

スクリーンショット

OPLL
OPL2
OPL3 (2OP)
OPL3 (4OP)
公式サイト

OpulenZ

オープンソースDAW「LMMS(Linux Multi Media Studio)」に付属。GUIが小さいため操作しづらいのが難点。プリセット音色は15種類。


ADLplug

唯一OPL3(YMF262)の4オペレーターモードが使えるVSTi。音質の悪さも完全再現。128種類のGM音色がプリセットされているが文字化けする。

スクリーンショット

OPLL
OPL2
OPL3 (2OP)
OPL3 (4OP)
ダウンロード GitHub

JuceOPLVSTi/AdlibBlaster

OPL2(YM3812)をエミュレートしているが、OPL3(YMF262)の8波形で音作りが可能。約2,500音色の膨大なSBI(Sound Blaster Instrument)ライブラリが付属。

JuceOPLVSTi音色リスト

注意点

  • 本来は次のノートが発音されたタイミングで前のノートのリリースが消えることで9種類の音色を同時発音できる音源だが、JuceOPLVSTiは9チャンネルが順次発音され前のノートのリリースが残る仕様のため、リリースタイムが長いか減衰しない音色は鳴りっぱなしになるため注意が必要。

不具合

  • SBIファイルを繰り返しロードすると強制終了する。前兆現象としてロードボタンをクリックしたとき、ファイラーのアイコンがおかしくなる。
  • ファイラーのアイコンがおかしくなった場合、強制終了せずにロードできる場合もあるが、一度保存してVSTホストを再起動させたほうが無難。
  • ロードボタンをクリック後、何もファイルを指定せずにオープンボタンをクリックすると強制終了する。
  • Studio OneよりSAVIHostの方が安定しているので、VSTホストとの相性問題も考えられる。

AdLibXRom

AdLibのOPL2(YM3812)をサンプリングしたVSTi。KONTAKTライブラリやサウンドフォントなども付属。$14.99。

スクリーンショット

OPLL
OPL2
OPL3 (2OP)
OPL3 (4OP)
公式サイト

OPL-3 FM 128M

Sound Blaster 16の128種類のGM音色をサンプリングしたサウンドフォント。ライセンスはCC-BY-SA 4.0(表示-継承)なので注意。

OPLL
OPL2
OPL3 (2OP)
OPL3 (4OP)
公式サイト GitHub

VST2413

動作未確認。OPLL(YM2413)をエミュレートしたVSTi(32ビット版のみ)。ソースとSDKをダウンロードして64bitでビルドしたら動くとのこと。

OPLL
OPL2
OPL3 (2OP)
OPL3 (4OP)
公式サイト GitHub

OPL3 Bank Editor

動作未確認。

スクリーンショット

OPLL
OPL2
OPL3 (2OP)
OPL3 (4OP)
GitHub